塩屋海岸

平磯緑地手前から、須磨浦公園手前くらいまでの海岸沿いを塩屋海岸と呼ばれているようです。
この海岸の特徴としては、塩屋漁港から須磨浦公園側にかけては遠浅の砂地、塩屋漁港と平磯緑地にかけては砂利混じりの砂地といった感じです。
どちらにしても、メインは投げ釣りとなり、カレイ・キス・マゴチ・アイナメ・ベラ・スズキなどがメインターゲットとなる釣り場です。
塩屋海岸といえば、カレイと連想するほど実は人気と実績の高い釣り場でもある。
早い年は、10月初旬ころから釣れ始め、喰いが良ければ5~6枚の釣果の日もあるそうです。
11月から12月のシーズンではマコガレイや40センチオーバーのイシガレイが釣れることも!
3月から5月にかけては花見ガレイのシーズンで数釣りが楽しめるポイントです。それらに混ざってアイナメやマゴチなども釣れるので、投げ釣りを楽しみやすいシーズンでもあります。
サーフも横長に好ポイントが続くためお気に入りの場所でゆっくり腰を据えて釣ることが可能です。
但し、砂浜に入り口が限られているため、軽装備で行くことをおすすめします。
※この辺り一帯は明石海峡の影響で沖合は潮流がとても早いです。離岸流の影響もあり沖に流されると危険なため、満潮時や荒天時の場合は足場が低いため危険ですので、必ずライフジャケットなどを着用してください。

塩屋海岸

塩屋海岸堤防付近

塩屋海岸で唯一、足場の良い堤防です。
このあたりは少し沖に出ているものの堤防際は水深が浅い砂地になっています。
カケアガリは15~20m先にあります。

塩屋海岸
〒655-0872 神戸市垂水区塩屋町1丁目