林崎漁港

18.11.01日現在「林崎漁港のベランダ」は、
立ち入り禁止となっていますのでご注意ください!

 林崎漁港の様子2018.11.01

林崎漁港は兵庫県明石市にある漁港です。
林崎漁港は大きな漁港であると同時に、釣り場としても最適な環境を持っています。
但し、漁港は釣りが禁止になっている場所もあるので、立ち入り禁止の看板を見た時には入らない、漁港関係者の仕事の邪魔にならないようにするなどのマナーが大切です。

釣り場は「大波止(西防波堤)」と「ベランダ」に分かれます
東側にある堤防はフェンスがあり、ベランダ上になっているのが特徴です。
こちらの防波堤の付け根周辺は車を止めるスペースがあるのでマイカー利用でのファミリーフィッシングにもお勧めです。

夏場などは小アジやイワシ、サバなどの小魚が港近くまで来るので、サビキ狙いでの釣りなどお勧めですし、冬場は投げ釣りでカレイやアイナメ、春頃からはシロギスなどを狙う事が出来ます。
林崎漁港のカレイは大型が上がることで有名で10月中旬から12月下旬にかけて良型サイズがよく上がるので注目されています。また、テトラが入っている場所などではカサゴの穴釣り、メバルなどの根魚狙い、防波堤の縁などではクロダイ狙いなど、色々な魚を狙える釣り場になっています。

林崎漁港の西側防波堤や市場のある岸壁は投げ釣りのポイントとして人気が高くなっています。
市場がやっている時などは、関係者が多くいるので仕事の邪魔にならないようにしましょう。
西側防波堤の外側部分はテトラが入っている場所で、クロダイやアオリイカ、セイゴなどを狙えるポイントです。
また、常夜灯があるため夜釣りでも楽しめます。

 釣り場詳細説明

大波止の付け根あたりのようす

大波止の付け根付近です。 写真左奥の砂浜が松江海岸です

大波止1つ目のコーナー付近

大波止港内のようす

大波止の外側

秋から初冬にかけて、イワシやサヨリを追ってハマチなどの青物がよく釣れ時折りナブラも目撃することが出来ます。

外側に登るハシゴ

大波止は数カ所にハシゴが設置されています。

大波止中腹あたり①

大波止中腹あたり②

大波止先端付近①

大波止先端付近②

大波止先端付近③

ベランダ付近を望む

沖合の潮目

詳細MAP

林崎漁港
〒673-0034 兵庫県明石市林3丁目19

 アクセス-電車の場合​

山陽電鉄本線「林崎松江海岸駅」から徒歩約11分、約900メートル

 アクセス-自動車の場合​